上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人狼

人と関わった獣の物語には不幸な結末がつきものだ。
獣には獣の生き方がある。


とはかの有名なアニメ監督、押井守先生の作品「人狼」でのセリフですが、うん。深いですな。はみ出ちゃダメなんですよ。分相応っていうか、自分には自分にあった領域みたいなんがあるんです。
最近よく思います。
高望みは駄目なんです。
辛いだけなんです。
知らなくていい事は知らない方がいいんです。

最近どうも視線を感じる・・・

気のせいかもしれませんが、最近どうも視線を感じるです。

それは人通りの多い町の中を歩いている時もそうですし、自分以外誰もいないはずの部屋の中にいても感じるんです。

もしかして誰かに見張られているのかも・・・。

それにこの視線、どうも邪悪な感じがするんですよ。

私の身に危害を加えようとするような、そんな危険なエナジーを・・・。

いっそやられる前に

ABCのうた

ABCのカニ探偵

カニにチンコ挟まれた

いたいいたい離せ

離すもんかソーセージ

赤チン塗っても治らない

黒チン塗ったら毛が生えた

ぼーぼー

パンダしゃん

パンダしゃん

パンダしゃん

ぼくのだいすきなパンダしゃん

パンダしゃん

パンダしゃん

ぼくのだいすきなパンダしゃん

パンダしゃん

パンダしゃん

ぼくのだいすきなパンダしゃん

働くということ

これまでずっと働いたり働いていなかったりと非常にふわふわした生き方をしてきたのだが、例によって仕事を辞めてお金がなくなったからまた働き始めた。

そうすると今度は仕事に追われて夢だのなんだの言ってられなくなる。

だからまたある程度お金が貯まって生活に余裕ができて働くことが嫌になって仕事を辞めるのだろう。

いつからだろうか、自分の人生がある地点から前進しなくなったように感じているのは。どこで人生を間違えたのだろう。途中までは順風に進んでいたはずだったのに。

少なくとも学生時代は楽しかった。社会人になってから踏み外したのか。先の事を真剣に考えずにダラダラ学生気分でいたからいけなかったのか。
いや、だったら学生の頃にもっと真剣に将来のことを考えておくべきだった。

でも結局この思考はいつも同じ結果に行き着く。いまさら後悔したってどうにもならない。過去はどうすることはできない。

自分にできることは何かというのは。ありきたりな言葉だけど、これから人生を修正していけばいいということ。

そしてまた考える。どうやって修正すればいいのか。このまま仕事を続けていけばいいのか。また辞めて自分の可能性を信じればいいのか。そもそも今の自分に可能性なんてあるのか。
全部諦めて、何も考えずに受動的にただ時を過ごしてゆけばいいのか。

分からない。
カテゴリ
プロフィール

公主人

Author:公主人
ラノベ作家志望の公主人です。僕と一緒に小説家を目指しましょうか。 僕の作品を読みたい人はホームページの方もどうぞ

最新コメント
働かずに生きたいです。その為に遊ばず執筆ばかりの日々。あれ?なんか道を踏み違えた?
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
おすすめ商品





最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。